生活保護制度

生活保護受給できる人ってどんな人?仕事をしていても受給できる?

こんにちは!この記事を読まれたあなたは生活保護を受給できる人ってどんな方を想像されたでしょうか?

『病気や怪我でお仕事ができなくなりやむを得ず』とか、『シングルマザーといった子育て世帯のため』とかでしょうか?

自分はまだまだがんばれる、辛いけど大丈夫と思っていませんか?

もしかするとあなたも生活保護を受給できるかも?ここではまず生活保護制度について、詳しく解説してみますね。

この記事はこんな方におすすめ!

  • 電話が滞納で止まってしまっている
  • お金がなくて携帯電話を契約できない
  • 銀行口座がなくて携帯電話を契約できない
  • 高額なレンタル携帯やプリペイド携帯を利用している

生計を立てることができない方

生活するための収入が足りない場合、生活保護を申請しましょう!

  • 失業してしまって収入がない
  • 病気で仕事を休み収入が減った
  • 身体的・知的障害で就労ができない
  • 高齢で仕事ができない  などなど

生活に困っている方

  • 所得が低くアパートの家賃が払えない
  • 医療費が払えない
  • 子育て中で教育費・学用品が用意できない

仕事をしていても生活保護を受給できる場合も!

一般的には、仕事をしている人は生活保護を受給することができないと言われていますが全く信じてしまっていませんか?実は、仕事をしていても生活保護を受給するケースがありますよ。

収入が十分ではない

国がみとめる最低生活費よりも収入が少なければ仕事をしていても生活保護を受けることができます。

  • 非正規雇用(派遣・日雇など)
  • パートタイム

などで収入が少ない場合は生活保護を受給できる場合があります。

働く力が一時的時に低下している方

怪我や病気などで働けなくなってしまっ方も生活保護を受給できます。

相談者Aさん

実は携帯滞納してしまってて、電話ができないからアパートの入居審査も通らないし、これじゃぁ仕事探しも難しいよね。。

あらら、そんな場合には「誰でもスマホ」を今すぐ契約しちゃいましょう。

LILIさん
相談者Aさん

明後日仕事の面接なんだけど、間に合うかな?

大丈夫!17時までに申込が完了すればはやければ明日には届きますよ♪

LILIさん

>>続く

ポイント

生活保護の申請に関する詳細や条件については、細かい金額設定があるので、お住まいの地域の市役所・区役所の『生活保護課』『福祉課』に直接聞いてみましょう!

まとめ:生活保護は生活に困ったら誰でも申請できます。本当に困る前に早めに相談しましょう。

生活保護は生活に困ったら誰でも申請できます!保護課に行くのはちょっと勇気がいるかもしれませんが、窓口の職員さんはとても優しい方が多いですよ。

-生活保護制度